« ホソツクシタケの分生子 | メイン | クルミタケの記事 »

2007年6月17日 (日)

きのこ顕微鏡観察入門講座

友の会きのこ部会のきのこ顕微鏡観察入門講座が開かれました。

070617__kansatukai 070617_microtomeDscn1737



講師は中央植物園の橋屋さん、参加者は4名。今回のテーマは「子のう菌類」 で、最初に子のう菌類の形態的特徴の解説(きのこのどの部分に胞子ができるか?)が有り、続いて盤菌類の生活史のお話がありました。 Dscn1703 070617_kuronoboriryutake2 070617_kuronoboriryuutake




昨日、吉峰の樹木園で採取したクロノボリリュウタケを覗いてみました。胞子には大きな油滴(Oil drop)が1個…きれいに見えました。
070617_kurotyawantake070617_nagaenotyawantake070617_shagumaamigasatake



クロチャワンタケ(?)、ナガエノチャワンタケ、シャグマアミガサタケ(2個の小油滴を含む)の胞子も観察しました。ミクロトームを借りて薄切りに挑戦しましたが…うまく行きませんでした。
070617_yuryreaction 子のうの先のメルツァー反応(ユーリッヒ反応)も観察することができました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/43371/5842445

このページへのトラックバック一覧 きのこ顕微鏡観察入門講座:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Books Sola